旅のRESUME

あれやこれや、好きな事を書いているブログ☆過去記事はカテゴリをクリックしていただくと見やすいです

【栃木県・足利市】花と光の楽園あしかがフラワーパーク①冬牡丹と花手水

ブログへお立ち寄り頂きありがとうございます。

あしかがフラワーパークへイルミネーションを見に行ってきました。

実は初めてなんですよ。以前行く途中の高速道路で小石がフロントガラスに当たってヒビが入り、途中で引き返した事があります。

みるみる大きくなるヒビにビビりました~~>_<~~

 

アクセス

電車の場合はあしかがフラワーパーク駅から徒歩2分、車の場合いは臨時も含め大きな駐車場があります。

正面ゲートは観光バス用(?)一般車は反対側にある西ゲートです。多分。。。

料金と時間

2022年10月15日(土)~2023年2月14日(火)まで、光と花の庭Flowr Fantasy2023が開催されていて、その内容になります。

16:30~20:30(土日祝21:00)

入園料 大人1200円 子供600円

前売り券だと各50円安くなります。

べる家は行きがけ通り道にあったセブンイレブンで購入しました。

モバイルチケットもあります。

昼間は大人500円、子供300円で14:30までの入園になっていました。

あしかがフラワーパーク

あしかがフラワーパークといえば、GWの頃の藤の花で有名です。

上に書いた、一度行こうとしたのはその藤を見る為でした。

今回は100000m2の敷地に500万個以上イルミネーションが輝き、7年連続全国1位に選ばれてた景色を見に行きました。

ただし選ぶ機関や媒体によって変わるので1位はたくさんあると思ってます

 

日没前のパーク

17:00少し前に到着して駐車場はまだまだ余裕がありました。

チケット売り場周辺には外国からの観光客が大勢いました。

中でも目立ったのは、大陸からではなく地球の裏側から来ただろうと思われる方々。

なんと半袖だったりします(;・∀・)見てるだけで寒いぞー

▼ライトアップされてますがまだ明るいので目立ちません。

f:id:bluemoonbell:20230123111433j:image

入り口でイルミネーションマップを貰って見ましたが、広すぎてよく分からないので適当に「こっち行ってみる?」「いいよ」って感じで移動(笑)

▼大きな藤棚があり、これがあの有名な大藤?って思ったら違いました。

大藤はまた後でね♪(´▽`)
f:id:bluemoonbell:20230123111446j:image

▼藤の花の形をしたLEDライトなんですね。
f:id:bluemoonbell:20230123111453j:image

 

▼だんだん日が沈んでいきます。
f:id:bluemoonbell:20230123111507j:image

 

日本の四季というエリアがあって、ライトで綺麗な日本の四季を演出していましたが、写真が上手く撮れませんでした。

ガスストーブがあって暖かったです。

 

フラワーキャッスル

白亜のお城とライトアップ。写真ではまだ明るくて目立ちませんが、とても綺麗でした。

お城に入れるようなので行ってみました。
f:id:bluemoonbell:20230123111834j:image

入り口には並ぶ用のロープが張ってあったので、これから来場者が増えたら並ぶのでしょうね。

▼お城前の花壇のライトアップの色は変化します。
f:id:bluemoonbell:20230123111850j:image

 

▼どんどん人が来ます。
f:id:bluemoonbell:20230123111857j:image

 

▼色の変化が速くてタイミングが難しい。
f:id:bluemoonbell:20230123111908j:image

 

▼アフリカみたい?(笑)
f:id:bluemoonbell:20230123112011j:image

 

冬牡丹

ここのイルミネーションは期間中3つのテーマに分けて開催していて、元旦から2月14日はニューイヤーイルミネーション~光と冬牡丹の競演~でした。

 

▼歩いていると綺麗な牡丹の花が。

あまりに綺麗すぎて造花かと思ってしまいました。
f:id:bluemoonbell:20230123112235j:image

 

▼だいたい牡丹は和傘や藁葺屋根で保護されているものですが、洋風でお洒落な演出です。
f:id:bluemoonbell:20230123112242j:image

▼お洒落すぎて品種名の確認を忘れました(^^;)
f:id:bluemoonbell:20230123112248j:image

花手水

遠くから見た時は休憩する東屋かな?と。

あながち間違いではないようでしたが、、、、、


f:id:bluemoonbell:20230123112255j:image

 

▼鮮やかで見事な花手水でした。
f:id:bluemoonbell:20230123112427j:image

花手水とは

神社や寺院でお参りをする前に、手や口を清める〝手水舎〟を花々で飾る事。

コロナ感染防止で手水を控える寺社が多くなり、全国で広がりました。


f:id:bluemoonbell:20230123112434j:image

「え?ここで花手水?」と思いましたが、綺麗なので撮らずにいられません。
f:id:bluemoonbell:20230123112440j:image

エンターテイメントとしての花手水、美しいです。

たくさんありましたが、多すぎても何なのでとりあえず4枚をアップ。
f:id:bluemoonbell:20230123112447j:image

▼初めて花手水を見たのはここでした。

www.bluemoonbell.work

▼個性的な花手水でした。

www.bluemoonbell.work

1500文字以上書いたのでこのへんで。

まだ続きます。

www.bluemoonbell.work

最後までご覧いただきありがとうございました(*^^*)