旅のRESUME

体調不良の為、ブログタイトルと内容が合っていませんが、ご了承ください。

【卵巣がん】この1週間ちょっとで受けた検査【ステージ4】

こんばんは。ご訪問ありがとうございます。

先週1週間は検査の日々でしたが全部を受けきれず、必要な検査の最後の一つを本日受けてきました。

人生初のMRI検査。物凄い音で驚きました。

 

それでも、CTより楽でした。

「息を止めてー」がなかったのでラク(笑)

息を止めると言えば、エコー検査もキツかったです。

 

f:id:bluemoonbell:20170525140000j:plain

今回受けた検査

尿検査、血液検査、心電図検査、肺活量検査、エコー検査、CT検査、血管造影CT検査、内診、そしてMRI検査です。

 

血液検査

1週間で、2件目の病院から合計20本抜かれました。

というのも、間に会社の健康診断が入ってしまったのです。

会社には体調が悪く検査を受けていることを伝えましたが、健康診断は決まりなので受けて下さいと。。。。ここで3本抜かれての合計20本です。

よく貧血にならなかったなー。

肺活量検査

子供の頃は肺活量が少なく、年に1度検査を受けていました。

久しぶりに受けた検査は、機械が簡単&シンプルに変わっていました。

随分と時が経ったものです。

エコー検査

2回目がキツかったですね。

通常であれば1時間の所、倍の2時間かかりました。

血管造影CT検査

造影剤を使う事により、通常のCTよりコントラストがはっきりとして画像がクリアになります。

1回目・・・予約してる検査の当日に薬を飲みました。

朝1回、検査1時間前に1回の合計2回飲みました。

2回目・・・急に検査をすることになり薬ではなく点滴をしながらの撮影になりました。

当たり前ですが、薬を飲むほうが点滴よりずっとラクです。

※点滴と同じ飲み薬があるので、1回目の時はそれを使ったのです。

通常のCTで2回撮影、造影剤を製脈に注入して2回撮影。

造影剤が体内に入ると、ものずごく体が熱くなります。

説明を受けていたけど、こんなに?って驚くくらいでした。

両腕を真上に挙げて、動かしてはいけないのが辛かったです。

MRI検査

これも初めて受けました。

時間は20分程、音がもの凄いけど手は胸の上に置き、呼吸を止めなくて良いのでCTに比べたら何倍もらくラクです。

でも、これは閉所恐怖症の人には辛い検査のようです。

 

いろいろな検査をしたので、朝抜き、昼抜きの日が多く、空腹とも戦かった一週間でした。

 

www.bluemoonbell.work

www.bluemoonbell.work