旅のRESUME

あれやこれや、好きな事を書いているブログ☆過去記事はカテゴリをクリックしていただくと見やすいです

【レシピ】クレソンをジェノベーセ風にアレンジ!栄養価の高い個性的なパスタソースの出来上がり

ブログへお立ち寄り頂きありがとうございます。

先日、ご近所さんからクレソンをたくさん頂きました。

「もうそろそろ終わりだから」という言葉のとおり、生サラダとして食べるにはかたいかな~くらいになっていました。

※本来は3月くらいまでの早春が旬の野菜です 

毎年夏には大量のバジルを育ててソースを作っているので、それをクレソンでアレンジして作ってみました。

 

クレソンについて

オランダカラシと言って、独特の香りと辛みがあり、サラダや肉料理の付け合わせによく 使われます。

クレソンは栄養価が高く、生でも食べられるし、熱に強いので加熱しても栄養価が変わらないところが凄いんです。

効能 

1 抗菌作用や食欲を増進する効能・・・優れた抗菌作用があるので食中毒予防になります。

食欲を増進してくれる辛味は「シニグリン」と呼ばれる成分で、大根やわさびにも含まれています。


2.免疫強化&ストレス対策・・・ビタミンCも豊富に含まれています。


3. 皮膚や粘膜・目の健康・・・ビタミンAを摂取する事もできます。


4.アンチエイジングデトックス効果・・・豊富なβカロチンは熱に強いので加熱調理が出来ます。


5血行促進で血圧にも効果・・・カリウムが多く含まれているので、ナトリウムを調整してむくみ予防になります。

クレソン100g中の栄養素

    カロリー・・15kcal
    タンパク質・・2.1g
    脂質・・0.1g
    食物繊維・・2.5g
    カリウム・・330mg
    マグネシウム・・13mg
    鉄・・1.1mg
    β-カロテン・・2700μg
    ビタミンK・・190μg
    ビタミンB1・・0.10mg
    ビタミンC・・26mg
    葉酸・・150μg

レシピの注意点

べる家では目分量というのが定着しています。

レシピではおおよその分量は決まっているものの、ほとんどの料理の味付けは目分量なのでご了承ください。


f:id:bluemoonbell:20200223212536j:image

基本のソースの作り方

材料

クレソン 60gとちょっと(茎から外した葉)

くるみ  40g(たまたま家にあったので)松の実やアーモンドでもOK

にんにく 一片

オイル 大さじ2と2/1 (オーリブオイルを使いました)

 

▼茎から外したクレソンの葉です。
f:id:bluemoonbell:20200223212545j:image

▼クレソンの葉とその他の材料を、全てフードプロセッサーにかけました。
f:id:bluemoonbell:20200223212555j:image

上記で基本のソースは出来上がりです。

パスタソースの作り方

材料

にんにくのみじん切り お好みの量で

鷹の爪 1本 種を抜いて輪切り

パルメザンチーズ お好みの量で

塩 適宜


f:id:bluemoonbell:20200228104758j:image

オイル(分量外)で鷹の爪とにんにくを炒めます。

f:id:bluemoonbell:20200223212619j:image


にんにくが色づいたら、パルメザンチーズと基本のソースを投入。

※パルメザンチーズは焦げやすいので注意してください

すぐさま、パスタのゆで汁を投入してください!!!!

塩を足して、好みの濃さで調整をお願いします。
f:id:bluemoonbell:20200223212642j:image

▼茹でたパスタソとースを和えたら完成です。

今回はショートパスタのブリッジを使いました。

炒ったナッツ類をトッピングしても美味しいですよ。
f:id:bluemoonbell:20200223212655j:image

基本のソースについて

本来のジェノベーゼ用のソースは、フードプロセッサーで最初からオリーブオイルとパルメザンチーズを加えてしまいますが、べる家ではあえて入れません。

多めに作って保存をするので、出来上がりがべちゃとするのが、どうにも好きではないんです。

なので、出来上がりは固めです。そのためにパスタのゆで汁を加えてのばすようにしています。

パルメザンチーズも風味を考えたら後入れがいいかなと思っています(作り置き前提で)。

  • 使い切るなら全部一気に混ぜて問題はありません。
  • 肉や魚にも合います。
  • 冷凍も出来ます。

旦那君はクレソン独特のほろ苦さが好きなので、好評でした(*^^*)

娘も一言「あり」だそうです(笑)

 

最後まで読んでくださりありがとうございました(*^^*)