旅のRESUME

時系列無視の旅行記とお出かけの記録。ガーデニングと日常のお話もあります。

2019【無農薬でバラ栽培】バフ・ビューティ

こんばんは。ご訪問ありがとうございます。

昨日も雨、今日も雨。今年の梅雨は本当によく降りますね。

梅雨いりしてから庭作業がほとんど出来ていません。

仕事の休みと天気がなかなか合わないためです。

今日は今年の春に咲いたバラを見てやってください(*^^*)

 

オールドローズのバフ・ビューティ 

オールドローズの中のハイブリットムスクという種類になります。

枝が2~3mと、誘引すれば長く伸びるので、フェンス仕立てにしています。

多くのつる系オールドローズは一季咲ですが、バフ・ビューティは秋に少し咲くので返り咲き、または二季咲きですね。


f:id:bluemoonbell:20190716174054j:image

花と香り

花付きはともて良いです。優秀だと思いますよ。

色づいた状態でも蕾は小さい目ですが、咲くと中輪でそれなりの大きさで見応えがありあります。

濃いアプリコットイエローから徐々に退色して花持ちも良いですね。

切りバラにも向きますよ。ただ、bellの庭のバフ・ビューティはともて虫に好かれます。

花の時期は目視での毎朝定期点検が欠かせません。

正確には新芽が展開を始める3月からですね。

お隣さんが「毎朝大変ね」と声を掛けてくれます(~_~;)

ゴミ袋と箸と液体洗剤を薄めた水の入ったコップを持って、庭を行ったり来たり(笑)


f:id:bluemoonbell:20190716174120j:image

香りは名前からお分かりのように、強いムスク香です。

オールドローズの中ではダマスクに次いで多い香りのように思います。

人工的に作られた香水等の香りは苦手ですが、生花の香は最高ですね!

バラは早朝が一番香るので、早起きも苦になりません(*^。^*)

 

f:id:bluemoonbell:20190716174149j:image

bellの庭では隣にマルクアントン・シャルポンティエがあ、ちょって、一部枝が交差している為に紛らわしいのですが、育てていると花の区別はちゃんとつきます。

枝の伸び方も違いますしね。

画像の左上にぼんやり写っていつのがマルクの蕾です。

Buff Beauty

1939年作出 イギリス Bentall

育てやすいオールドローズです♪

www.bluemoonbell.work

www.bluemoonbell.work