旅のRESUME

体調不良の為、ブログタイトルと内容が合っていませんが、ご了承ください。

2019【無農薬でバラ栽培】ブラン・ピエール・ドゥ・ロンサール

こんばんは。ご訪問ありがとうございます。

バラの季節の旅行記を書いていたので、あと記事になってしまいました。

よろしかったら、お付き合い下さい。

上品はブラン・ピエール・ドゥ・ロンサール

今日のバラは、ピエール・ドゥ・ロンサールの枝変わりのブラン・ピエール・ドゥ・ロンサールです。

ブランとはフランス語で“白”という意味です。

この子もバラ好きさんなら知らない人はいない、という位の人気の品種ですね。


f:id:bluemoonbell:20190626134444j:image

 

白といっても真っ白では無く、咲始めは中がうっすらと上品はピンク色です。


f:id:bluemoonbell:20190626134457j:image

 

咲き進むとややピンクがかったアイボリーに変化して、巻き巻きの花はロゼットになります。


f:id:bluemoonbell:20190626134510j:image

 

咲き進みかたは、ピエール・ドゥ・ロンサールと同じですね。
f:id:bluemoonbell:20190626210434j:image

 

ブラン・ピエール・ドゥ・ロンサールは日陰に植えてあるので花数が少なめです。

日当たりの良い場所に植えれば、もっと咲くはずです。

 

というわけで、もう1本欲しいですね~。(でも場所が無い・涙)
f:id:bluemoonbell:20190626210453j:image

 

白系でありながら、雨で花びらが痛むこともほとんどありません。

ただ、花持ちがとても良い分散り際には花びらが茶色くなって汚らしく見えます。

そうなる前に花殻摘みをすればいいんですけどね、、、、。

(画像はブラン最終段階・・・ちょっと変色してます(^-^;)

Blanc Pierre do Ronsard

1999年発表 フランス(メイアン)

4mほどのラージクライマーで照葉である事や花の大きさなど、ピエール・ドゥ・ロンサールと同じです。

強健で育てやすい所も同じですね。