旅のRESUME

体調不良の為、ブログタイトルと内容が合っていませんが、ご了承ください。

【2019】鹿児島・指宿旅行記⑫ 「恋する灯台」絶景の薩摩長崎鼻灯台【観光】

こんばんは。ご訪問ありがとうございます。
5月12、13日に一泊二日で指宿へ行ってきました。
くうちゃん、きいちゃん、ようちゃん、みいちゃんandべる、5人の旅行記です。

www.bluemoonbell.w

 

長崎鼻灯台

灯台のある場所は薩摩半島最南端である長崎鼻公園です。

公園には開聞岳とツーショットで写真を撮れるスポットも用意されています。

ここから見る開聞岳も綺麗ですね。


f:id:bluemoonbell:20190619091631j:image

灯台までの道のりは整備されて歩くのは楽チンです。

ソテツがたくさんこれでもか!ってくらい群生していて、南国の雰囲気が感じられる遊歩道です。写真はありません(^-^;

 

ここ一年で6か所目の灯台訪問です。

小さめの灯台で中には入れません。

 

日本ロマチスト協会選定 恋する灯台


f:id:bluemoonbell:20190619091640j:image

灯台から降りてみる

すっごい急な階段と普通の階段がありました。

急な階段は誰が使うの(;・∀・)?と思うほど上から見ただけで怖い角度です。

みなさん度胸試しはせずに、普通の階段から降りて下さい。

 

そして。

 

降りた先には荒涼たる岩場が・・・。

 

10万年前に噴火した指宿カルデラの外輪山の一角、溶岩でゴツゴツしています。

宮古島灯台の周りは隆起した珊瑚でゴツゴツでしたが、溶岩だと雰囲気がまったく違います。


f:id:bluemoonbell:20190619091706j:image

 

道のようで道じゃない、道じゃないようで道である、なんとも言えない道(?)を歩いて岬の先端まで行くことができます。


f:id:bluemoonbell:20190619091718j:image

 

浦島太郎はここから龍宮城へ行きました。

 


f:id:bluemoonbell:20190619091728j:image

 

知覧から出撃した特攻隊は、開聞岳を一周して、祖国に分かれを告げて南へ向かったそうです。


f:id:bluemoonbell:20190619091744j:image

岬から見た恋する灯台


f:id:bluemoonbell:20190619091804j:image

 

恋する灯台から見た岬。

 

岬へ降りる時はサンダルやヒールの高い靴では危ないですよ。

 

灯台への戻り道、何処を通ってきたんだか分からなくなりました。

やっぱり道とは言えません。
f:id:bluemoonbell:20190619092216j:image

画像提供:くうちゃん