旅のRESUME

体調不良の為、ブログタイトルと内容が合っていませんが、ご了承ください。

【2019】鹿児島・指宿旅行記⑥ 指宿の老舗旅館 白水館の砂むし温泉【宿泊】

こんばんは。ご訪問ありがとうございます。
5月12、13日に一泊二日で指宿へ行ってきました。
くうちゃん、きいちゃん、ようちゃん、みいちゃんandべる、5人の旅行記です。

 

 

www.bluemoonbell.work

指宿 白水館の砂むし風呂の料金

白水館の砂むし風呂の利用は

宿泊者  6:00~8:30 15:30~22:00

     大人1,000円 子供700円

外来利用 15:00~18:00(元禄風呂利用料込)

     大人4,000円 子供1,700円

                 料金は全て税別です。

 

www.hakusuikan.co.jp

 チェックイン後にお抹茶を頂き、部屋の中の備品等をチェックした後に、すぐに砂風呂へ向かいました。

翌日朝は無理だろうという事と、チェックインの時に、「早い時間のほうが空いている」と言われた為です。

確かに、バス2台分の宿泊客がいっせいにチェックインしたわけですから、混雑は当たり前です。

 

実際、私たちはあまり待たずにすみましたが、その後は大勢の方が順番を待っていました。

f:id:bluemoonbell:20190613175937j:plain

出典:白水館HPより

白水館はカメラ持ち込み禁止だったので、画像はHPよりお借りしました。

 

実際は、和傘はありません。

そして、専属(?)のカメラマンがいて、有料で写真を撮ってくれます・・・。

 

他の場所では、気軽に携帯で写真を撮って貰えるようなので、写真が欲しい人は白水館じゃないほうがいいでしょう。

 

その代わり、ここは屋内なので雨が降ってたり、天候が悪くても大丈夫ですよ。

 

かける砂の重さは約20kで、予想以上に熱くて途中で足を出しちゃいました(^-^;


f:id:bluemoonbell:20190612135730j:image

温泉の雰囲気たっぷりの館内です。

白水館のとても広い元禄風呂

砂むし風呂は文字通り砂だらけになるので、シャワーで砂を流した後に元禄風呂は直行です。

広いお風呂はいいですね~。ただ、ここは全体に湯温が高めでした。

そして深い。あくまで一般の温泉を比べて自分が思った事ですが深くて座れない。

正座すれば大丈夫だったけど。

f:id:bluemoonbell:20190613181918j:plain

出典:白水館HPより

画像は再びお借りしました。

温泉の種類がたくさんあるのでは無く、大きなお風呂がど~んとあります。

源泉かけ流しではありませんが、露天風呂もありますよ。

外の打たせ湯は硫黄の匂いが少しします。

 

バスタオルは部屋のを持って行きます。

べるは忘れました(;・∀・)でも、フェイスタオルが山ほど用意されているので、それでなんとか対応。みなさんは、忘れないようにね。

焼酎道場で試飲出来ます

お風呂上りに通りかかった焼酎道場。

ここにずらっと並んでいるは全部焼酎!こんなに種類があること事に驚きです。


f:id:bluemoonbell:20190612135742j:image

 

こちらで、焼酎の利き酒が出きます。


f:id:bluemoonbell:20190612135756j:image

 

まず1杯目は“森伊蔵”。芋では無く麦で作られた、なんでも幻の焼酎で滅多にお目にかかれないのだそうです。

九州の麦みそが大好きなべるは、麦というキーワードに惹かれて飲んでみました(笑)

 

お酒弱いのにね~。

 

当然ながらグビっとはいかず、チビチビと(^-^;喉が熱くなりました。


f:id:bluemoonbell:20190612135811j:image

ちょっと調べてみたら、森伊蔵は酒屋では一升5万円ほどらしく、お店で提供される場合、、、きっと恐ろしいお値段だと思われます。


f:id:bluemoonbell:20190612140027j:image

 

この後はお夕食へと続きます(*^^*)