旅のRESUME

あれやこれや、好きな事を書いているブログ☆過去記事はカテゴリをクリックしていただくと見やすいです

【栃木】日光旅行記〔7〕東武ワールドスクウェアで世界を観光⑤ヨーロッパゾーンⅢ

ブログへお立ち寄り頂きありがとうございます。www.bluemoonbell.work

www.bluemoonbell.work

最後のヨーロッパゾーンです。

サグラダ・ファミリア(スペイン)

いよいよ2026年に完成予定となったサグラダ・ファミリアは、工事車両まである細かさですf:id:bluemoonbell:20220516135218j:image

 

本物は完成が間近になり、見た目も大分変りましたね。

ここのサグラダ・ファミリアはこの先変化するのでしょうか?
f:id:bluemoonbell:20220516135230j:image

 

めちゃめちゃ個性的ですよね。
f:id:bluemoonbell:20220516135237j:image

 

内部公開が始まった写真を見るたびに、この目で見てみたいと思うようになりました。

本物の内部写真は美しいですよね
f:id:bluemoonbell:20220516135244j:image

ウェストミンスター寺院(イギリス)

イギリス王室の墓地で、歴代国王の戴冠式場です。

1245年に着工し、工期は300年近く掛かったそうです。

サグラダ・ファミリア負けたわ(サグラダ・ファミリアは1882年着工)
f:id:bluemoonbell:20220516135256j:image

 

正式名称は聖ピーター修道教でイギリスで最も古く、最も格式高い教会です。
f:id:bluemoonbell:20220516135304j:image

タワーブリッジ(イギリス)

ロンドン市内を流れるテムズ川に掛る跳開橋。

コロナ前は観光客で大混雑する人気スポットだったみたです。
f:id:bluemoonbell:20220516135712j:image

 

ここならゆっくり橋が跳ね上がるのを見る事が出来ますよ(*´▽`*)
f:id:bluemoonbell:20220516135720j:image

因みに勝鬨橋は、再び電力を通して稼働させるには、10億円必要という東京都の試算で実現は難しいみたいですね。

 

ドーバー城(イギリス)

イギリスとフランスの国境を守る重要な城
f:id:bluemoonbell:20220516135727j:image

 

キルトを着用して、スコットランドの代表的な民族楽器、バグパイプを演奏しています
f:id:bluemoonbell:20220516135734j:image

スコットランドに友達が住んでたなー

グエルパーク(スペイン)

グエル伯爵がガウディの才能を見込んで作らせた公園。
f:id:bluemoonbell:20220516135741j:image

 

まるでお菓子の家のようです

クッキーにアイシングでデコレーションって感じね(笑)
f:id:bluemoonbell:20220516135748j:image

 

アルハンブラ宮殿(スペイン)

最後の王朝ナルス朝の王宮です。
f:id:bluemoonbell:20220516135806j:image

これ、写真が撮りづらかったです。

 

▼カサ・ビセンス(スペイン)

ガウディ初期の建築で住宅みたいです。
f:id:bluemoonbell:20220516135756j:image

 

バルセロナ大聖堂(スペイン)

中にはバルセロナの守護神“サンタ・エウラリア”のお墓があります。
f:id:bluemoonbell:20220516135934j:image

 

▼ビッグベン英国国会議事堂(イギリス)

ビッグベンはウェストミンスター宮殿(国会議事堂)に付属する時計塔の愛称。

作られた時は世界一正確な時計だったそうです。
f:id:bluemoonbell:20220516135941j:image

 

国会議事堂が宮殿て凄いですよね。
f:id:bluemoonbell:20220516135948j:image

 

You can fly~って歌っちゃうのはべるだけ?(笑)

f:id:bluemoonbell:20220516140201j:image

ビッグベンとエッフェル塔ののコラボ( ̄▽ ̄)

 

ヨーロッパゾーンはこれで終わりますが、まだ続きます。

 

最後までご覧いただきありがとうございました(*^^*)