旅のRESUME

卵巣がんになったけど、楽しい事を見つけて根治目指します

【卵巣がん】手術についてのカンファレンスの結果説明と糖尿病疑惑【ステージ4】

ブログへお立ち寄り頂きありがとうございます。

昨日は病院デーでした。

f:id:bluemoonbell:20200312164629j:plain

今回から抗がん剤治療はお休みなので、いつもより遅い時間に行って採血と採尿です。

採血は左腕OKでした。

 

3月11日(水)カンファレスの結果説明

主治医との話

昨日はいつもの「先生」とは別室で、「主治医」と話をしてきました。

まず、採血の結果は特に問題なし。

と言っても、白血球は相変わらず低く、他にもHとLがあちこちに見られます。

CA125は今まで一番低い10.0\(^o^)/

カンファレスの結果

主な事を箇条書きにすると

  • 術式は5つ
  • 術後のトラブルを無くす為に、術式1つにつき、管(ドレーン)が1つ装着される
  • 殆どの管は術後1週間以内に外れるが、一つは最低2週間の装着になる
  • 管が全部外れた時が退院の時
  • CT画像で癌細胞が消滅している箇所も、前回の試験開腹の時に溶けない糸で目印を付けてあるので、再発予防のために取る 
  • 今のところリンパに転移はないが、念の為にリンパ節廓清する
  • 手術の予定時間は10時間
  • 術後は1週間の絶食

 他にも詳細な説明がありましたが、大まかにこんな感じです。

 

術後は管がたくさん装着された状態のようです(-_-;)

そのうち一つは最低2週間という事は、入院も最低2週間以上というわけですね。

主治医「一応3週間の入院と思って下さい」と。

 

リンパ節の廓清については

主治医「再発の50%がリンパなんですよ」と。

少しでも再発のリスクを減らす為の術ですが、管が増えます(汗)

それとリンパ浮腫に気を付けなければいけません。

ふくらはぎを強化!(笑)

もしかして糖尿病!?

(;゚Д゚)先週の尿検査の結果で

尿糖が最高レベルを振り切った数値をたたき出してました!

家に帰宅してから気づいて、1月29日やったいつもより詳細な血液検査の結果表を見たら、血糖値にHのマークが付いているではありませんか!!

かなり驚きショックを受けた1週間。。。。

主治医にその事を話たら

主治医「あら、本当だ。前回の尿糖の数値はかなり高いですね。

1月29日の血糖値も・・・・。」

べる「ですよね!?」

主治医「入院時は異常なかったですね。あ、きょうの検査結果では尿糖は検出されませんでしたよ」

べる「えっ?」

つまり、昨日の段階では何の問題も無く、どうやら抗がん剤の治療をする前日に飲んでいる、抗アレルギー剤のステロイド“デカドロン”の副作用のようです。

糖が増えるんですって!

しかし、糖が多いと手術後の傷の治りが悪くなるので、次回の血液検査にHbA1c(グリコヘモグロビン)の検査を追加しました。

傷の治りが悪くなると聞いては、検査結果にかかわらず、糖分の取りすぎには気を付けた方が良さそうです。

主治医「手術までデカドロンは止めているので大丈夫と思います」

 

実は、先週は検査の前日にコストコへ買い物に行った時に、フードコートでオレンジジュースを飲みました。あのデカいカップに氷抜きで・・・・。

帰宅してからみかんも食べました(・_・;)だって尿検査は抜き打ちだったんだもの。

お楽しみ♪

この辺りで入院と手術をして、このくらいで退院して~と、大まかな道筋が見えてきたので

旅行の予約をしちゃいました( *´艸`)

楽しみです♪うふふ♪

(術後も抗がん剤治療があるのになんのその。行く気満々・笑)

 

最後まで読んでくださりありがとうございました(*^^*)