旅のRESUME

体調不良の為、ブログタイトルと内容が合っていませんが、ご了承ください。

秋の京成バラ園を散策 バラの家の木村卓功さんのガーデンセミナーに参加

 こんばんは。ご訪問ありがとうございます。

久しぶりに京成バラ園へ行ってきました。

秋のバラは春のようなゴージャスはありませんtが、春のような暑さや混雑が無くてゆっくり回る事が出来ました。

 

園内の様子

園内のバラは見ごろを迎えています。

つるバラとオールドローズイングリッシュローズは秋の花は咲かなかったり花数が減るので、ブッシュやシュラブがメインとなります。

春の圧倒的な景観に対して、秋はローズヒップが揺れていたりして趣のある景色を楽しめます。
f:id:bluemoonbell:20191021161236j:image

秋バラは全体に背が高いので、花を見上げるようなかたちです。


f:id:bluemoonbell:20191021174313j:image

バラ画像は次回紹介する事にして、園内で咲いていた植物の写真を♪

~っと以前は、ここも狭くてバラがただ並べてあるだけの、見本園のようでした。

バラ以外は何も無かったと記憶しています。

 

欲しいバラ苗は畑に行って、スタッフのおじさんに掘り越してもらって購入しました。

今の充実したガーデンセンターからは、信じられない売り場でした(^-^;
f:id:bluemoonbell:20191021161338j:image

下の画像はニューレンベルギアです。

bellの庭にはピンクが2株ありますが、白もいいですね~。

暑さ寒さに強いグラスは重宝します。

ただし、大株になって広がるので場所の確保が必要です。


f:id:bluemoonbell:20191021161649j:image

 

何度か挑戦するも、bellの庭では宿根しないチョコレートコスモス

この花色はやはり惹かれますが、苗はお高いし宿根出来ないので今は諦めています。


f:id:bluemoonbell:20191021161756j:image

 

子供の頃から大好きな花のひとつのフクシア

これは赤い苞ですが、べるがはピンクの苞が好きです。

これも寒さに弱いので上手く育てられた事がありません。もって3年でした。

適地では大きな木に育つんですよね。


f:id:bluemoonbell:20191021161819j:image

ガーデンンセミナー@木村卓功

木村さんを見かけるは何度目かな?

以前、シュー・ラ・ネージュを木村さんに選んでもらって購入した事があります。

セミナー参加は初めてです。

話が面白くて盛り上がりました。

ガーデンセンター店長の大川原さんとの掛け合いというか、弄って遊んでいましたね~(笑)


f:id:bluemoonbell:20191021162141j:image

 セミナーの内容を簡単に紹介すると、主に、コルデスとメイアンの最新のバラについてのお話。

 

木村さんは「庭の植物は消毒をしなくても育つのに、何故バラは諸毒をしなくてはならないのだろう」と十代の頃から疑問に思っていたそうです。

 

以前から無農薬で育てられる、病気に強いバラの育種開発は始まっていました。

しかし、強いバラというのは、花色も限られて一重の地味な物が多い。

バラは原種であるピンク等以外の、交配で作出された花色は、花を咲かせる為にエネルギーをたくさん必要とし、結果育ちにくかったり病気に掛かりやすくなる。

香りと花びらの数も同じくエネルギーを必要とする。四季咲性もしかり。

 

まず、強い地味な花と八重の花を交配して、八重で強い花を作る。

その花に四季咲き性を持たせる。さらに香を付ける。

 

とても地道で気の遠くなる作業を、コルデスやメイアンは、何十年も前から無農薬で試験栽培していたそうです。

 

 べるの大好きなブルームーンを作出したタンタウも、強いバラの開発をしています。

木村さん曰く「タンタウの社員が、うちの社長はロマンチストでさぁ~。弱くても美しい花は出しちゃうんだよね」と言ってたそうです。

 

なので、タンタウ作出のバラを購入するときは注意が必要です(笑)。

 

そして、今まさにバラの転換期を迎えています。

去年あたりから発表されている品種は、従来のバラより強く、育てるのがラクになっている。

中でもおススメしていたのが、クリスティアーナでした。

bellの庭にもあります(*^^*)

シャリマーはもっとおススメのようでしたよ(笑)

木村さんの目標は、花が綺麗で、香があって、四季咲きで、丈夫なバラ(消毒が要らない)の育種だっそうです。

 次回はバラ園で撮った写真を載せますね。

www.bluemoonbell.work