旅のRESUME

時系列無視の旅行記とお出かけの記録。ガーデニングと日常のお話もあります。

文化財の宝庫 博物館明治村 帝国ホテル

こんばんは。ご訪問ありがとうございます。

今日から、愛知県犬山市にある、博物館明治村について書いていきます。

敷地内にある建造物は全て本物で、重要文化財、国登録有形文化財が多くあります。

では、今回は帝国ホテルからご紹介します。

 

帝国ホテル中央玄関

1923年(大正12年)築 旧所在地 千代田区内幸町

まず、明治村で一番目を惹く建物といえば帝国ホテルです。

アメリカの建築家、フランク・ロイド・ライトが設計した優美で気品溢れるホテルです。

関東大震災東京大空襲もくぐり抜けた建物ですが、地盤地下と老朽化の為に取り壊されて、中央玄関のみが移築されました。

梅雨真っ只中の雨降りで、小雨ではあるもののやはり画像が暗くなってしまいました。

斜めから入口を撮影していますが、建物は左右対称で中央に池があります。

右側の屋根は玄関前の車寄せです。


f:id:bluemoonbell:20190629142525j:image

外観のモチーフは平等院鳳凰堂です。

正面から見ると素晴らしいです。

 

全体像を見たい方は、日光の東武ワールドスクウェアに、1/25スケールの旧帝国ホテルがあります。


f:id:bluemoonbell:20190629142549j:image

かつて、チャップリンヘレン・ケラーベーブ・ルースが宿泊、そしてマリリン・モンロージョー・ディマジオと新婚旅行で宿泊したのも有名ですね。

 

フロントもちゃんとあります。

みなさん、きっとここでチェックインされたんですね~♪

寄りかかってみました(笑)

 

大谷石をふんだんに使って建築されています。

(我が家には大谷石のコースターがあります。大谷石については、いずれ記事にしたいと考えています。)

柱や壁のレリーフは石職人による手彫りの彫刻、さらに透かしテラコッタで飾られて、柔らかい灯がもれています。

 

当時の日本のレンガ、テラコッタなどはまだ質が良くなかったので、帝国ホテル用に制作する工場を新設したほどです。

写真で見るよりずっと圧巻のロビーですよ。

 

階段や広間の天井はフロアごとに高さを変えてあり、外観がシンメトリーなのに対し、中は微妙にアシメになっています。

 

母国アメリカ以外で、ライトの作品が見られるのは日本だけです。

建築好きにはたまらないでしょうね!
f:id:bluemoonbell:20190629142608j:image

絨毯、カーテン、椅子、ランプ、すべてがロイドの作品です。

椅子に座る事も出来ますよ(*^^*)


f:id:bluemoonbell:20190629142631j:image

 

帝国ホテルロビーにはポーツマス条約締結テーブル

帝国ホテルのロビーには、1905年9月5日日露戦争講和条約の時に使われたテーブルが置いてあります。

アメリカのニューヨーク州にある大学から寄贈された、正真正銘の本物です。

 

遠くから見た時に「ビリヤード台?」と思ってしまったべるでした(汗)。


f:id:bluemoonbell:20190629142716j:image

 

この時、中立の立場で間に入ったのはルーズベルト大統領ですね。

絵ではどの人か分かりませんでした(^-^;


f:id:bluemoonbell:20190629142731j:image

 

2Fには喫茶室があって、ケーキやコーヒーをいただけいます。

帝国ホテルカレーやちょっとしたグッズも置いてますよ。


f:id:bluemoonbell:20190629142744j:image

 

ここがあまりに素敵で時間を使いすぎたため、最後は慌ただしくなったのでした。

www.bluemoonbell.work