旅のRESUME

記憶を頼りに溜まった旅行記を書いています。旅行、お出かけ、そして薔薇が好き!

2019【無農薬でバラ栽培】ジュビレ・プリンス・ドゥ・モナコ

こんばんは。ご訪問ありがとうございます(^-^)

今朝、庭でぶんぶん揺れるバラの枝と落ちた花びらを見て気持が下向きになりました。

次々に開花するバラが多い時期にこんな嵐はもの凄くショックです(>_<)

一年で一番庭が華やぐ時なのに。

美しい複色花のバラ

白地に濃いピンクの縁取りがそれはそれは美しいジュビレ。

グレース王妃の夫君である、元モナコ大公レニエ3世の即位50周年に捧げられたバラです。

f:id:bluemoonbell:20190409153711j:plain

このバラは日照時間と植え付け場所に花色の濃さが左右されます。

ピンクの色は眩しいくらい発色するので、日照時間の少ない場所に地植えしたんだけど・・・・・・

そのせいなのか?いつまでたって大きくならないんです(>_<)

f:id:bluemoonbell:20190409153704j:plain

それと。

無農薬の庭ではちょっと厳しい感があって、この子には可哀そうな環境なのかもしれません。
f:id:bluemoonbell:20190411180140j:plain

香りはありません。
しかし、それを補うほどの花色なのでOKですね♪

f:id:bluemoonbell:20190411180149j:plain

Jubile du Prince de Monaco(フロリバンダ

2000年作出 フランス(メイアン)

横張りの枝で広がります。

花は中輪と紹介されてるけど、bell庭では大輪に見えます・・・。
花が大きいので、枝が支えきれず、花が土に着いてしまうことも。

いつまでたっても樹高が大きくならないので、そうなっちゃうんだけど。


大きくなって、たくさん咲いて欲しいな~。