旅のRESUME

時系列無視の旅行記とお出かけの記録。ガーデニングと日常のお話もあります。

【2011】京都旅行記⑦ 高台寺 紅葉のライトアップ【観光】


ぶらぶらと歩きながら八坂の塔まで。
急な坂道をけっこう車がやってきます。う〜ん凄いなぁ。


夕暮れになり、高台寺へ。
楽しみにしていたライトアップです♪


方丈前庭、勅使門の前では、龍がライトアップされていました。
クリスマスかと思うような派手な演出に、由緒あるお寺で何故と「?」が頭に浮かびました。

桜色に染まったの哲学の道、蝉時雨降る嵯峨野の竹林、初秋人気の少ない嵐山、雪の金閣寺、、、どれも素晴らしい景色だったけど、中門を通って目の前に開けた臥龍池の紅葉は溜息ものでした。
本当に素晴らしい!


嵯峨野のライトアップは12月からという事で、ちょっとがっかりしましたが、こちらで見る事が出来て良かったです。
すごく幻想的。
ちょこちょこ立ち止まっては眺めてしまいました。


高台寺を後にして、お土産屋さんを覗きながら二年坂、三年坂を通り清水寺へ。
お餅やら、あちこちで買い食いしながら食べ歩き。それが楽しい♪

記憶にあるだけで6度目の清水寺

実は、今回は行くつもりがまったくありませんでした。

お姉さま方が「清水寺は外せない」というので、「じゃあ、ライトアップを見に行こう」と提案したのが大正解。
補修工事をあちこちでしていましたが、気なりませんでした。

それにしてなんて明るいのでしょう。
レーザー光線まで使ってリッチな演出(笑)。

清水寺隋求堂 胎内めぐり」
真っ暗闇の中、数珠をかたどった手すりを右手で掴み、大悲母もお腹の中をひたすら進みます。

人が多かったので五感は感じませんでした。

山桜の林もライトアップされて綺麗でした。桜の季節にも来て見たいです。

肝心舞台はよく撮れませんでした。

この後、境内で暖かいうどんをいただき、お土産を買ってホテルに戻りました。旅行記