旅のRESUME

卵巣がんになったけど、楽しい事を見つけて根治目指します

梅の香り

歌川広重作・亀戸梅屋舗

今日の午前中は天気もまあまあだったので、買い物がてら自転車でのんびりとお出かけ。
途中の造園でいい香りとともに咲いている梅に目ががいったけど、相変らずカメラを持ち歩く習慣が付いてなく・・・残念!
なので、今日は私の好きな絵を。
『亀戸梅屋舗』1857年(安政8)歌川広重作(歌川豊広門人、安藤広重
小学生の頃この絵を見て、私の浮世絵好きが始まった。たぶん銀行からもらったカレンダーだったと思う。その月が終わっても気に入って、部屋にポスターのように貼っていたっけ。変わった趣味の小学生だ!(笑)あのね、幽霊画も好き。←変な奴・・・。