旅のRESUME

体調不良の為、ブログタイトルと内容が合っていませんが、ご了承ください。

 落ち着きが戻って

2月は『うさぎパニック』な一ヶ月でした。beni家は『猫パニック』でした(笑)。

2月28日と3月1日に、3匹のうさ仔が里親の元へ引き取られていきました。生まれたうさ仔総てウチで面倒をみるのは無理と分かっていましたが、お別れはやはり寂しかったです。

ウチに居た一ヶ月の間は、名前を付けていたので紹介します。


シーザー(閣下)
育った中で一番小く、やまと父さん似のうさ仔です。
背中の模様を真上から見ると、デーモン小暮の頬メイクのようなので、「閣下」と呼ばれたりもします。
ミーシャ→ウサ
白っぽい上品なベージュ色のうさ仔です。勝手に北欧のイメージで名前を付けました。
1年生の照れ屋な男の子のお家に行きました。

→は現在の名前です
マンソン→?
兄弟中一番色が濃く毛並みがフサフサで、ワイルドな印象のうさ仔です。マリリン・マンソンから命名されました(笑)。一番人懐こいところもありました。
優しいトラックの運ちゃんに引き取られました。
シャン→マロン
私から見て一番顔立ちが整っているうさ仔。名前はドイツ語のシャンschn(美しい)から名づけました。
2年生の女の子のお家に行きました。
なぎさ
唯一の白系ではちろう母さん似のうさ仔です。ちょっとグレーなのでこれからどう変わるのか。beniさんに抱っこされたのはこの仔です♪


シーザーとなぎさは初めからウチに残す事に決まっていました。これで4匹、、、賑やかなのには変わりないかな。