旅のRESUME

あれやこれや、好きな事を書いているブログ☆過去記事はカテゴリをクリックしていただくと見やすいです


11月1日から六本木・森アーツセンターギャラリーで始まった「ティム・バートンの世界」展に行ってきました。
2009年にニューヨーク近代美術館(MoMA)からスタートした同展覧会は、欧米・アジアを回ってようやく日本へやってきました!
当時、NYのTVで流れていた、ステインボーイを使った告知CM(羨ましくてYou Tubeで何回も見てました)が日本でも流れるかな♪という期待があったけど、見事なまでに何もありませんでしたね〜^^;


左はミュージアムショップで購入しました。
‘じっと見る女の子’とか、、、、「オイスターボーイの憂鬱な死」を読んだ(見た)人にはツボなキーチェーンです♪


ローソン限定、イラスト入りの引換チケット。
これ欲しさにローソンまで前売り券を買いに行きました。
国芳の骸骨ストラップの時と同じです。

作品カタログの表紙は2014ん年度の新作で大きな油絵でした。
息子曰く「サリー(ナイトメア・ビフォア・クリスマス)の劣化版みたい」と。・・・なんという事を・・・^^;

で、やっぱりジャックも一つくら欲しいな、と。
クリアファイルを買いました。


絵はレストランのナプキンから新聞雑誌の余白に走り描きしたものまで、本当にたくさんの絵が飾られていました。
とても細かく書き込まれていていまいた。


ただ、入場まで90待ち、というのは凄い驚き!いつからそんなに人気が出たのでしょう?
TDLのホリデーナイトメア(ホーンテッドマンション)で知名度上がったのが大きいのでしょうか。
一人が一生懸命連れにキャラクターの説明をしていると、もう一人が「気持ち悪い。変なん絵。」と言っている若いカップルが多くて笑えました(*^_^*)