旅のRESUME

卵巣がんになったけど、楽しい事を見つけて根治目指します

 系統

ギヨーによって、1867年に初のハイブリッド・ティ・ローズ(HT)『ラ・フランス』が作出され、それ以前のバラをオールド・ローズ(OR)、以降をモダン・ローズ(MR)と呼ぶ
☆原種=モッコウバラハマナスなど
☆オールド・ローズ(OR)の系統

  • ガリカ・ローズ(G)=一季咲き。主に赤、ピンク、ディープピンク。
  • アルバ・ローズ(A)=一季咲き。主に白、ソフトピンク。グレイの葉。
  • ダマスク・ローズ(D)=一季咲き。主に白、ピンク。トゲが多い。
  • ケンティフォリア・ローズ(C)=一季咲き。主にピンク。
  • モス・ローズ(M)=一季または返り咲き。主に白〜ピンク。蕾、花茎、茎に苔のようなトゲ。
  • チャイナ・ローズ(Ch)=四季または繰り返し咲き。白、ピンク、クリムソン(濃紅色)。
  • ポートランド・ローズ(P)=ダマスクとチャイナの交配種。ピンク〜クリムソン。
  • ブルボン・ローズ(B)=返り咲き。ソフト〜ディープピンク。つる、半つる性。
  • ハイブリッド・パーペチュアル(HP)=返り咲き。花色は多彩。
  • ティ・ローズ(T)=四季または繰り返し咲き。クリームやサーモンピンクなど、アイボリー系。
  • ノワゼット・ローズ(N)=返り咲き、繰り返し咲き。主にクリームイエロー、ピンク系。伸長力がある。

☆モダン・ローズ(MR)の系統

  • ハイブリッド・ティ・ローズ(HT)=四季咲き大輪バラ
  • フロリバンダ・ローズ(FL)=四季咲き中輪バラ
  • グランティ・フローラ(Gr)=HTとFLを交配した系統
  • イングリッシュ・ローズ(ER)=イギリスの育苗家、デヴィッド・オースチン氏のブラ                 ンド。
  • ジェネロサ=フランスの育苗家、ギヨー家のブランド。
  • シュラブ・ローズ(S)
  • ライミング・ローズ(Cl)
  • ランブラー・ローズ(R)
  • ミニチュア・ローズ(Min)※大型のものをパティオ・ローズと言う
  • ポリアンサ・ローズ(Pol)

[薔薇の話] 用語

  • ブッシュ=木立性
  • ライミング=つる性
  • シュラブ=木立とつるの中間の性質
  • ランブラー=ほふく性
  • シュート=幹から出る太い枝。株元から出るものを、ベイサル・シュートと言う。  どちらも翌年の主枝となり、良花を咲かせる。
  • 大苗=前年の秋〜年の初めに接木した苗を春に売らず、畑で大きくしたもの。10月〜翌   3月まで売られる。
  • 新苗=1〜2月に接木して5〜6月に売られる。小さくて、大苗に比べると値段が安い。