旅のRESUME

あれやこれや、好きな事を書いているブログ☆過去記事はカテゴリをクリックしていただくと見やすいです

【秋葉原】お狸詣でで玉の輿に乗ろう!?独特な雰囲気が漂う柳森神社

 ブログへお立ち寄り頂きありがとうございます。

本日ご紹介する神社は出かけた先で偶然見つけて立ち寄りました。

 

柳森神社は、椙森神社、烏森神社と共に江戸の三森神社と言われています。

通りに面しているものの、神社の敷地は道路から下にあって階段を下りていきます。

が、その前に驚いた事が!

 

神社の敷地をぐるりと囲む塀というか柵に、これでもかっ!っていうほどの

有刺鉄線

がぐるぐると張り巡らされておりました。

有刺鉄線で囲まれた神社は初めてみました。

 

下りの宮というのは珍しいのですが、日本三大下りの宮と比べるとちょっと階段を下りる程度です。

▼下記記事に三大下りの宮の内の、一つの写真があります

www.bluemoonbell.work

 

まず、通りに面した場所に鳥居があって、階段を下りていくとピンクの鳥居がありました。

福寿神の額扁が掛かっていますね。

徳川綱吉の実母である桂昌院江戸城内に『福寿いなり』として建立したと言われています。


f:id:bluemoonbell:20201222144016j:image

さてさて、こちら神社、鳥居の両脇には狛犬ならぬ駒狸が鎮座しています。


f:id:bluemoonbell:20201222144052j:image

桂昌院は元々八百屋の娘で、春日局に気にいられて三代将軍・家光の側室になりました。

桂昌院の本名は『お玉』と言い、八百屋の娘が将軍の側室になったというので、お玉の名前から玉の輿という言葉が生まれたのです。

お玉さんがお輿入れ(結婚)したという意味ですかね(*´▽`*)


f:id:bluemoonbell:20201222144120j:image

▼柳森神社の本殿です。

御祭神は倉稲魂大神で、こちらには駒狐がいますね。
f:id:bluemoonbell:20201222144655j:image

境内のは8つの末社がありました。

金毘羅神社

大物主命を祀っています。


f:id:bluemoonbell:20201222144344j:image

▼こちらが福寿神さまで通称おたぬき様。

4体のお狸さまがおります。
f:id:bluemoonbell:20201222144359j:image

▼水神厳島大明神

こんな所で江ノ島大明神(御祭神)に出会いました。

やはり龍ですね。駒龍?(笑)
f:id:bluemoonbell:20201222144441j:image

▼秋葉大明神
f:id:bluemoonbell:20201222144517j:image

江ノ島神社にも秋葉社がありました。

www.bluemoonbell.work

▼明徳稲荷神社
f:id:bluemoonbell:20201222144545j:image

その他、幸神社、富士浅間神社

御朱印はセルフです。

初めてです(笑)
f:id:bluemoonbell:20201222144609j:image

▼箱の中には神社の印がありました。

日付などは自分で記入するようです。

べるはちょっと迷ってやめました。

あ、お参りはちゃんとしましたよ。
f:id:bluemoonbell:20201222144632j:image

偶然通りかかって立ち寄った柳森神社は、はっきりいって狭いです。

狭い境内に神様がたくさんおられました。

ご利益も多いですね。

 

そして、人も結構いたのです。

途切れずに参拝にくる方がいたし、境内の椅子で休んでる人、お弁当を食べてる人など。。。

 

ただね、独特の空気感なんですよ。

みなさん一人で来られてますが、狭い境内でなんだろう?なんて言えばいいのか(・_・;)やっぱり独特の雰囲気なんですよ~。

 

近くを通り掛かったら寄ってみて下さいませ。

玉の輿に乗れるかな(*^▽^*)

秋葉原駅から近いですよ。

最後までご覧いただきありがとうございました(*^^*)