旅のRESUME

卵巣がんになったけど、楽しい事を見つけて根治目指します

【卵巣がん】体調の波がつかめるようになってきたかも【ステージ4】

ブログへお立ち寄り頂きありがとうございます。 

f:id:bluemoonbell:20200901104953j:plain

バンカーボートをチャーターしてパンダノン島へ♪家族4人+クルー5人で無人島を貸し切り

今までの経過


2019年 8月26日 告知

      9月12日 試験開腹術

      9月20日 抗がん剤治TC療開始

            1回目の抗がん剤を投与してその日に退院

2020年 3月 4日 TC全6クール終了

      4月 7日 根治術(いろいろあって5月27日退院)

      6月 1日 抗がん剤イリノテカン+ゲムシュタビン開始

 

現在5クール①回目まで終わりました。

当初の治療計画では根治術の前後ともアバスチンを併用する予定でしたが、血液検査の結果から、アバスチンは効かないタイプであろうと言われやらない事にしました。

使うか使わないかの最終的な判断は自分です。

▼前回の治療

www.bluemoonbell.work

 

体調の波

イリノテカン+ゲムシュタビンはTCとは違う波で副作用が来るようで、あまり体調が読めませんでしたが、ここへきてやっと体の変化が分かるようになってきました。

 

TCの時はスキップが何回かあったのもの、基本毎週投与で、副作用は投与してから2日後から3日間くらい吐き気と食欲不振と怠さがありました。

 

今回のイリノテカンとゲムシュタビンでは、投与中から吐き気が出ます。

とはいえ、抗がん剤の副作用で吐いた事はないので助かります。

怠さもあって、当日は帰宅してからはほぼ何も出来ません。

 

気持ち悪いけど食欲はあって、治療後3~4日関していえばTCの時よりは少し多く食べられてるかな。

そして、地味に嫌なのがTCの時より気持ち悪さが続く感じがします。

2週連続投与の時は、気持ち悪さがなくならない内に次ぎの治療が来てしまう事があるので、これはちょっとキツいし凹みます。

そのかわり、2週連続投与したら1週や休みがあるので、ここが確実に一番体調の良い時です。

 

胃の張りは常にあるのですが、治療後は張りが強いです。多分これがあまり食べられない原因。

 

何故、今になってペースが分かってきたのかというと、手術の合併症がありまして、術後の回復が遅れて、“常に疲れる・怠い・あんまり食べれない”状態が8月半ばまでありました。

なので、体の不調が術後の合併症の為か抗がん剤の副作用によるものなのか、自分ではよく分からない状態だったのです。

 

それ以外の副作用

痺れ

TCの時の足の痺れがまだ残っています。

幸い手は出なかったのですが、足先はかなり出てしまいました。

何かが触れた時に何となく分かる程度の感覚なのと、熱いとか冷たいの感覚はありません。

TC投与していた頃は時々刺すような痛みもありました。

自分の思った方向と違う方向につま先が向いてしまう事もあって、サンダルが履きにくいとか、気を付けないとひっかかったりつまずいたり。

足の爪が黒く変色したのはあと少しで綺麗になりそうです。

手の爪のほうがまだ黒い感じですね~。特に親指と人指し指。

 

脱毛

脱毛はなくて、TCで無くなった頭髪が、あっちこっち好き勝手な方へ向いて伸びてきました(・_・;)

直毛だったのにややくせ毛状態。

美容院に行って整えたほうがいいのだろうけど、いつ行こうかな。

来月“旅慣らし(笑)”に、超近場で一泊するのでそれまでに行かなくちゃ。

でも、整うのかなーこの頭。。。。

痛み

手術後の入院中に痛み止めを使った事はありますが、退院後は痛み止めを使った事は一度もありません。

お腹は一度も痛くなった事が無くて本当にラッキーです。

念のためにと病院からたくさんロキソニンを処方されたんですが、これからも使う事なく過ごせたらいいな!

その他

便秘と下痢が交互にくる(ーー;)

下痢は体力と気力が奪われるから嫌だし、便秘は腸閉塞が怖い。

口内炎は一度もありませんでした。

あと、気を付けないといけないのがリンパ浮腫ですね。

それについてはまたいずれ。

 

さて、明日は治療日です。やだなー。

最後までご覧いただきありがとうございました(*^^*)