旅のRESUME

卵巣がんになったけど、楽しい事を見つけて根治目指します

【稲敷】大杉神社②末社と天海和尚が住職だった安穏寺【御朱印】

ブログへお立ち寄り頂きありがとうございます。

前回の続き、大杉神社記事でございます。

www.bluemoonbell.work

 

末社・摂社

▼拝殿に向かって左側に、末社・摂社を祀った回廊があります。

回廊には、各額扁が飾ってあり、その先に天満宮四柱神社白山神社・五十瀬神社・大国神社があります。
f:id:bluemoonbell:20200121101037j:image

神社によっては、摂社・末社はひっそりと祀られている事が多いですが、大杉神社ではきちんと綺麗に管理されています。

回廊の天井も綺麗なのですよ。それは、まだ次回に(*^^*)(←まだ続くの)

▼あんば七福神もいます
f:id:bluemoonbell:20200121101100j:image

安穏寺

大杉神社の境内の奥隣に、安穏寺があります。

正確にいえば、安穏寺の敷地内に大杉神社は建立されました。

豪華絢爛な神社とは対照的な、落ち着いた本堂を見ると何故かホッする(笑)

人が写り込まないようにと撮ったら、アングルが斜めの写真ばっかり!

お許しくださいませ(~_~;)


f:id:bluemoonbell:20200121101122j:image

源義経の家臣、常陸海尊が 滞在したという伝説があって、現在は桜の名所としても有名です。

冬なので木は丸裸ですが、立派な桜の木がありましたよ。

▼こちらの堂宇を囲む彫刻群も見事です。アップで写真を撮ればよかったなー。
f:id:bluemoonbell:20200121101136j:image

徳川家の命により、安穏寺は東叡山寛永寺(上野)の支配下にあり、さらに大杉神社の別当を務めており、日光輪王寺の住職だった天海和尚が住職を兼任していました。


f:id:bluemoonbell:20200121101148j:image

前回来た時は、扉は閉まっていました。

今回はお正月だからか?開いていました。

歴史を感じるお堂ですね。

f:id:bluemoonbell:20200121101218j:image

夢結庵

大杉神社御用達のお店で、ちょっとしたお土産菓子が置いてあります。

2階は蕎麦やうどんを食べられる食堂になっているので、結構お客さんが入ります。

 


f:id:bluemoonbell:20200121101248j:image

前回はこちらでお昼を食べました。
周りに何もないのでね~。
ほんと田舎ですから(^-^;

▼登り旗を見ると、前回来た時よりいろいろありそう。

神社もパワーアップしていたような気がします。
f:id:bluemoonbell:20200121101309j:image

御朱印

▼前回に通常の御朱印を頂いているので、今回は限定の御朱印を頂きました。

f:id:bluemoonbell:20200126113136j:image

▼あんば七福神御朱印です。

こちらは、日にち限定の授与になるので、神社の社務所で確認してからご参拝ください。
f:id:bluemoonbell:20200126113144j:image

ここまで読んでくださりありがとうございます(*^^*)

次回は、豪華な大杉神社の装飾を写真でご紹介します。

 

www.bluemoonbell.work