旅のRESUME

卵巣がんになったけど、楽しい事を見つけて根治目指します

【卵巣がん】科学療法TC5クール①回目は中止、なのにムカムカする【ステージ4】

ブログへお立ち寄り頂きありがとうございます。

昨日は今年最初の診療日でした。

f:id:bluemoonbell:20200109163853j:plain

 

 

年末の25日、最後の抗がん剤の点滴をした時に、看護師さんが

「1月8日は最初だから混みますよ。毎年(ケモ室は)3時間待ち」

と言ってたので、帰りが遅くなる事を覚悟して行ったのですが。

 

いつものように採血をしてからの診察待ち。

採血室は混雑してたけど、予約をしてあるので行ってすぐに終わりました。

 

婦人科の待合室へ行くと、いつもと変わらないくらいの待ち人数。

混雑している様子はなかったし、1時間ちょっとで呼ばれました。

 

「きっと他の科が混んでいるんだろうね。」

と、その時は思いました。

 

1月8日(水)診察

挨拶の後、開口一番

先生「血小板が少ないから今日は中止だね」

べる「そうですか(やっぱり・・・・ね)」

 

主治医「マーカーは下がっているから大丈夫よ」

と笑顔で教えてくれました。

CA125(現在12)はあくまで参考と分かっているけど、もちろん下がっていた方が嬉しいです!

まだ、お腹に原発持ってるのに、これだけ下がるのは本当に嬉しい結果です。

モチベーションが違いますからね。

先生「治療は順調ですから安心して下さい」

 

 

ここで

娘が「鼻血が・・・」

先生「あ、鼻血は抗がん剤の副作用で出ますよ」

娘「あの、今まで鼻血が出た時が中止になってるので」

先生「それは正しいです(笑)」

 

そうなんです。

週末から週明けの土曜日~月曜日に鼻をかんだ時に、鼻血が混ざっていると、その後の治療が中止になっています。

今回で4回目。

どうやら血小板が減っている事の、一つの目安が鼻血ようです(^-^;

 

ケモ室

診察室から出て娘が、実際のところケモ室の待ち時間がどのくらいか見てきました(笑)

90分だったそうです。

いつも平均は60分、若干混んでいるとはいえ、やはり思ったほどではないようでした。

 

次回は来週の水曜日。

術後(試験開腹)、初めてのCT検査を受けます。

 

家に帰ってから

抗がん剤治療をしていないのに、夕方から胸のあたりがムカムカしてきました。

結局ご飯は食べたくなくておかずだけ食べました。

抗がん剤でムカつく場合、口の中に独特の感覚があります。

治療はしていないので、当然それは無く原因は他にあるはず。

 

なんだろう?

一時的なものだったのかな。

一晩明けた今日はなんともありません。

食欲もあります。

 

クリスマス~お正月~娘の誕生日と、食べすぎのかな。

体重も増えているし(^-^;

運動しないとね。

 

ここまでお付き合いありがとうございました。