旅のRESUME

卵巣がんになったけど、楽しい事を見つけて根治目指します

ホロリ、そして笑顔で

昨日とはうって変わった好天気に恵まれ、本日は娘の卒業式でした。


昨年、ある小学校の先生が「娘が今年で中学を卒業するの。義務教育が終わるってなんだか寂しい」と仰っていました。
その時は、教師だからそう感じるのかと思っていましたが、今、その気持ちがとてもよく分かります。
言葉では、上手く説明が出来ないのだけど....。



9時過ぎから始まる式に向けて、8時前から花束を持って学校の中を早足で歩き回っていました。何度も足を運んで慣れた校内のはずなのに、通路を間違えるし、行き先を間違える。(その度に、周りから「bellさん、こっち!」の声が)自覚はなかったけれど、私も緊張していたのでしょうか^_^;


ちょっとしたハプニングもありましたが、良い卒業式でした。

送辞、答辞、そして合唱もとても素晴らしかったです!


(娘は相変わらず冷静でした・笑)



そして、「このクラスでいられるなら、一生中3でも構わない」と言ったほと、良い友人、クラスの仲間に恵まれました。


体育館での役割(保護者を代表して、学年主任に花束を贈呈しました。)が済んだら、教室に来てと言われていたので行ってみると、本当に楽しそう!


その盛り上がりのまま、皆でお昼を食べに行って、その後公園で鬼ごっこ(!)をすると消えて行きました。


何故鬼ごっこ?セーラー服で(爆)。しかもまだ帰って来ない!(今pm5:22)